2013年08月30日

記念写真

写真.JPG

インドで体調を崩し、(比較的)大きな病院で超音波検査をすることに。
インドでは本人が保管するものらしく、所見レポートとともにネガ?をもらいました。

渡印14回目だけど、肝臓や腎臓の写真?を撮るのは初。これも記念です。

約1週間通ったクリニックのドクターが最後に
「今度会うときは医者と患者ではなく、友人として会いましょう」
と言ってくれました。

笑顔でドクターと再会したいです。
posted by sanjo at 18:37| 東京 ☀| Comment(2) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

微熱のあとに

写真.JPG

少し熱っぽくて風邪ひいたかなーと思った昨日、とりあえずビタミンCだと思ってマンゴーやレモンを買って早めに寝たのですが……

とりあえず多少は具合がよくなった本日、Raksha Bandhanという兄弟・姉妹の結束を深めるお祭りの日ということで、いつもお世話になっているターバン・ガイにグリーティング・メールを送ってみました。

そしたらソッコーで返事が来て、食事に連れて行ってくれたのですが、ビール飲んでタンドーリチキン食べたらウソみたいにスッキリしました!

私に足りなかったのはビタミンCではなくアルコールと動物性たんぱく質だったもよう(笑)

とりあえずヨカッタ。
ありがとう、インドの兄貴たち☆
posted by sanjo at 09:08| 東京 ☁| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

インド独立記念日

8月15日はインドの独立記念日です。

IMG_1716.jpg

現在、潜伏中のCottage Yes Pleaseの窓ガラスも、独立記念日仕様に。

IMG_1714.jpg

私のビンディも独立記念日仕様(笑)。

IMG_1720.jpg

あちこちで子どもたちが凧揚げ。

IMG_1728.jpg

大人もやってます。私もやりたいーーー!!!

IMG_1725.jpg

こんな凧もあるんだ! 私もやりたいーーー!!!

IMG_1724.jpg

ジャレビー(極甘の揚げ菓子)屋さんには列ができてました。
祝日だから甘いものでお祝い?


インド人に「日本の独立記念日はいつ?」と聞かれ、
「終戦の日」と「建国記念日」の違いを説明するのにひと苦労。
海外にいるほうが、自分の国について考えたりするものですね(笑)。
posted by sanjo at 00:13| 東京 ☀| Comment(0) | India | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

Samode Palaceの野望

写真.JPG

ジャイプール郊外の宮殿ホテル「Samode Palace」を『VOGUE INDIA』に載っていた広告で発見!

知っている場所を思いがけず見つけると、うれしいものですね(笑)。

モデルさんのチラ見えする腰もセクシーでいい感じ。

確かにブーゲンビリアがたくさん咲いていました。
次回訪問の際には、私もこんなブーゲンビリア色のインド服で挑みたいです☆
posted by sanjo at 22:28| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

赤坂のあとは

写真.JPG

クルフィー !!!
posted by sanjo at 21:41| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドの赤坂

写真.JPG

友達の友達が連れて行ってくれました。
「赤坂」という名のChinese and Japanese Restaurant。
YAKITORIやCHICKEN SUKIYAKIもあったけど、
友人のオススメは餃子!
モモじゃなくて餃子!
ちゃんと酢醤油がついてきました。ラー油はなかったけど。
今までインドで食べた中華の中ではいちばんおいしかったかも。
友達の輪、ありがたいです☆
posted by sanjo at 21:31| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

パンジャーブ好き日本代表

IMG_1581.jpg

ご縁があって、SOUTH ASIA PUNJABI CONFERENCE という
1泊2日の会合に参加しました。
デリーから車で5時間ほど、インド北西部はパンジャーブ州・パティアーラーにある
パンジャービー大学が会場。

インド、パキスタンはもちろんオーストラリア、スリランカ、
バングラデシュ、ネパール、アフガニスタン、イラン、ブータン、ミャンマー、
ドバイ、イタリア、ノルウェーなどからスピーカーを迎え、
各地のパンジャビ文化の現状について語る……会のようです。
ってSOUTH ASIAじゃない国も含まれていますね(笑)。

で、連れて来てくれたデリーのパンジャーブ・アカデミーの長官が、
「あなたも東京のGurdwara(シーク寺院)のことや
 インドでの経験を話したらいいよ」

なんて言うので、「またまたー(笑)」なんて流していたら、
本当にステージに呼ばれてスピーチをするハメに(汗)。

IMG_1590.jpg

簡単な自己紹介と
「パンジャーブ語はわからないので英語で」
というところまでをヒンディー語、そのあとはグダグダの英語で、
東京のシーク寺院では2週間に一度集会が行われていること、
日本生まれや日本育ちの子ども達に
グルムキー文字(パンジャーブ語の文字)を教えたり、
日本語でシーク教紹介の小冊子を作って配布したりしていること、
日本人がインド人の子どもにキールタン(礼拝時の音楽)の
伴奏タブラ(インドの太鼓)を教えていること、
震災のときには被災地でボランティア活動をしてくれたこと……
などを話したつもり(爆)ですが、伝わっていないかも(汗)。

まー、「Bhangra Queen」を名乗っていたのが
パンジャーブ・アカデミーの長官にウケて(?)、
移動も宿泊も食事もすべて無料で招待してもらえたので、
多少のムチャ振りは仕方ないです(笑)。

その後、地元テレビの取材も受けたりしましたが、
スタッフのみなさんや、参加者のみなさんが、
イマイチ言葉の通じない日本人に、何かといろいろ気遣ってくれるのが分かるので、
パンジャーブ語が話せないことが本当に悔やまれました。

いつかはパンジャーブ語も話せるようになりたいけど、
まずはヒンディー語をマスターしてから、そもそも英語だってイマイチなのに……
なんて思って後回しにしてましたが、
まさに「いつやるの? 今でしょ!?」って感じ。

思わぬ大役というかムチャ振りに、踊るよりずっと緊張しましたが、
これも滅多にない経験ですよね。
子ども用のパンジャーブ語の本もプレゼントしてもらったし、
少しずつでもパンジャーブ語に挑戦して、
真のパンジャーブ好き、真のバングラ・クイーンを目指したいと思います(笑)。
posted by sanjo at 22:59| 東京 ☀| Comment(5) | India | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

ヒゲコレ

写真.JPG

Khan Marketの紳士服店の警備員さん。
おヒゲが素敵なオジサマは、つい写真撮っちゃいます(笑)
posted by sanjo at 17:23| 東京 ☁| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

命の水

写真.JPG

一昨日夜からアパート断水(爆)、今日の明け方、ノドが乾いて目が覚めたとき、チョロチョロと水が出たので、バケツにためられるだけためました。

とりあえず髪とカラダを洗い、下着類の洗濯をし、すすぎ水ももったいないから、そのへんの拭き掃除に使い……で、バケツ1杯半くらいの水が残ったのですが、大家さんが手配した床掃除の人に使われてしまいました(涙)。

もちろん床はキレイなほうがいいんですが、優先順位は低いなぁ。

その後、また少し水が出たので、今夜の入浴?分は確保。でもバケツ1杯ためるのに30分くらいはかかります。

水の大切さを思い知るデリーでの日々、ルームメイトのサチヨさんとバケツを買い足しました。
posted by sanjo at 21:15| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

あのパンジャビは今

IMG_1540.jpg

バングラデシュ人の友人が、帰省した際に買ってきてくれたパンジャビ、
前面は総手刺繍でかわいらしいのですが、サイズが大きくてあまり出番がありませんでした。
断捨離的には「捨て」なんですが、出番がない理由は「サイズ」とわかっているので
インドに持って来ました。

アパートの向かいのテーラーにて、採寸&お直し。
パンツも少し長かったのですが、裾に入った刺繍を断裁することなく、
ウエスト部分で丈詰めをしてくれました。さすがプロ!
っていうか、初めから仕立てるのより面倒な作業かも(爆)。

さて、ジャストサイズになったパンジャビ、汗をかいているときには
ひとりで脱ぐのがちょっと大変なくらいのジャストサイズになりました(笑)。
でも肩幅ピッタリ、見た目もスッキリだし、裾を踏むこともなく快適。

たぶん地元の人よりは高めの価格だったと思うけど、
数百円でタンスのこやしが生き返るなら価値アリだと思いました。
自分ではできないことだしね。

そんなワケで、デリー滞在中はまちがいなくヘビロテです。
posted by sanjo at 22:24| 東京 ☀| Comment(0) | India | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。