2014年03月11日

ショールを鍛える

写真.JPG

インドやパキスタン男性の大判ショール姿に萌え〜
……なことを以前にも書きましたが、
彼らが纏っているのは、粗織りの、少しゴワゴワした風合いのもので、
使ううちに柔らかく、体に馴染んでくるのだそうです。

「あの味わいを私のショールにも!」と、
年初に買った大判のショールを、あえて荒天の日や旅先で使っています。
もともと、そんなに固い織り地ではなかったけれど、
いろいろな行程をともにするうちに、
ほどよくクタってきて、巻きやすく、たたみやすく、扱いやすくなってきました。

東京は寒の戻り、というか一瞬暖かくなっただけで、まだまだ寒いので
ショールのトレーニングは、もうしばらく続きそう。

私もショールに負けない味わいを醸せるように、いろいろ精進します(笑)。
posted by sanjo at 09:31| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。