2014年03月12日

国内線の魅力

写真.JPG

国内旅行は鉄道派なので、函館は久々の国内線でした。

国内線って、チェックインも保安検査もカンタンなんですね。

機内誌も意外に読み応えがあって、持ち帰ってきてしまいました。

機内エンターテインメント紹介のページを見ていて、
「日本の歌」というプログラムに目がとまりました。

「難しい漢字の歌をお届けします」
とあり、
「愛燦燦」「襟裳岬」「恋の奴隷」「おまんた囃子」「緋牡丹博徒」
……といったラインナップで全11曲。

確かにあまり使うことのない、
書けと言われてすぐに書けないような文字が並んでいますが
いったいどんな人をターゲットにしたプログラムなんだろう???(笑)。

日本語を勉強している外国人?
……ニッチすぎるやろ(笑)。

機内販売にも気になるものがいくつか。
なんだか国内線が好きになりました。
posted by sanjo at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。