2014年04月23日

トルコの仇を横浜で討つ

写真.JPG

……じゃなくて(笑)、トルコ帰国後に出動した横浜のホーリー・フェスティバルで、
さっそく手話を使う機会がありました。

西葛西の名店「スパイス・マジック・カルカッタ」さんでのお手伝い、
2日目の午前中に高校生のグループが来てくれました。

可愛らしい雰囲気の女の子がサモサを指差して、何か言いたげに財布を出しました……
というか、ろう者のようです。
あとから来た友達と手話で話しています。

とりあえず「200円」と「ありがとう」の手話をしてみました。
そしたら女の子の隣にいた、爽やかな感じの男の子が、ちょっとビックリした顔をして
そのあと、ものすごく嬉しそうな笑顔を向けてくれたんです。

うわーーー︎︎ 感動︎︎
ほんのちょっとの手話で、かわいい女子高生&爽やか男子高生に
極上の笑顔をもらえるなんて、
なんか涙出そうになりました。

英語もヒンディー語も通じると嬉しいけど、
それよりもっと嬉しい気がしましたよ。

人と通じ合えるって、温かい気持ちになりますね。
手話、もっと勉強したいです!
posted by sanjo at 21:36| 東京 ☀| Comment(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。