2013年02月20日

BIBA大好き

IMG_4224.jpg

出会いは何年か前、たぶんインド服の通販サイト。
無難過ぎない、見ていて楽しいインドのブランドです。
今までの渡印で何枚か手に入れて(たまにシンガポールでも)、
日本でも絶賛活躍中(笑)。

お値段もまーまー手頃。
そりゃ路上で売っている服よりは高いけど
1000〜2000円程度と、日本人的には買いやすい価格帯。
1〜2月はセール・シーズンということもあり
インド初日にショッピング・モールに出撃しました。

biba.jpg

戦利品はコレ。
いちばん上の孔雀柄は「global Desi」というブランドのもの。
このブランドの服は初めて買ったけど、
わりと上品な感じで、なかなかヨイです。今後も要注目。
価格もBIBAと同じくらい。

で、右の青と黄色の花柄のは、着てみたら微妙に大きかったので、
ホテル近くのテーラーに持ち込んで、お直ししてもらいました。
ちょっと複雑なデザインだったらしく
仕立て屋のオヤジはしばし考え込んでいましたが
翌日にはちゃんとキレイに仕上げてくれました。
そういうことができるのもインドのいいところ。

これで当分、服は買いません(日本では・爆)
posted by sanjo at 20:47| 東京 ☁| Comment(0) | India | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

インド服を作る

IMG_4418.jpg

シンガポールでいつもお世話になっている
高橋さん(通称)の奥様から、インド服の生地をいただきました。
奥様の出身地で作られた、手刺繍の生地。
刺繍の位置に合わせてカッティング&縫製すると
クルタ(チュニックのようなTOPS)になります。

インドで仕立て屋さんに持ち込んで、着丈や袖の長さなどの
希望を伝えて採寸。受け取りは翌々日

IMG_4395.jpg

仕上がりにちょっと気になるところがあったので、
2回微調整してもらいました。所要時間1時間ほど。

IMG_4416.jpg

で、完成です。私にはちょっと可憐すぎる???(笑)。
生地が薄いので裏地をつけてもらいました。
わりと襟ぐりが広いので、ブラの肩ひもが出ないよう
肩ひも止めもついてました。オヤジ、意外に芸が細かい。

デリーも2月はやや肌寒くて、まだ試着しかしていないのですが
次回のインド&シンガポールの衣装プランには加えるつもりです。
posted by sanjo at 18:32| 東京 🌁| Comment(0) | India | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

タムラという名の象

思い出したように、4月の旅行記の続き(笑)。

ジャイプール郊外の宮殿ホテル「サモード・パレス」での宿泊、
本気のコスプレ(笑)で挑んだディナー・パーティで、
思わぬプレゼント
をいただきました。

IMG_2014.jpg

このツアーを主催する旅行代理店のインド支店長さん
秋に結婚されるということで、そのお祝いも兼ねたパーティだったのですが
無駄に派手な衣装が案の定(?)花嫁と間違えられ
宮殿ホテルに出入りしている人形劇師の少年から
「おめでとう」の言葉とともに象のぬいぐるみが……

や、ちゃんと否定したんですが、少年も後に引けなくなったようで
「いいんです。もらってください」ってことに(爆)。

新郎新婦にも報告しました、人違いで象をもらった、って(爆)。
でも「あーいいですよ。せっかくだからもらってください」となり、
象は私と一緒に日本に帰ってきました。

そんなワケで、象には支店長さんの名前をつけました(笑)。
サモードパレスの想い出として大切にしますねぴかぴか(新しい)


008.jpg

これが花嫁と間違えられたコスプレ(笑)。
現地ガイドのAshokさんと。
インド服の着こなしは、まだまだインド人にはかないません……
posted by sanjo at 16:53| 東京 ☀| Comment(0) | India | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

サモード・パレスの朝ごはん・その2

IMG_2040.jpg

GWのシンガポール旅行記中断していましたが、
実はまだ続いてます、4月のインド旅行記(爆)。


ジャイプール郊外の宮殿ホテル「サモードパレス」
旅立ちの日の朝ごはん。
大好物のPoha(ポハ=潰して干したお米を戻して、
野菜やスパイスと一緒に炒めたインドの軽食)があって大興奮!
シャンパンも飲んじゃいました!
posted by sanjo at 11:32| 東京 🌁| Comment(0) | India | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

米絵?

IMG_2010.jpg

テラスの入り口に敷かれたカーペット……と思いきや、
すべてお米の粒で描かれた、「砂絵」ならぬ「米絵」だそうです。
職人さんが6時間かけて作ったそう。

やっぱりインド人は、大雑把に見えて(爆)
実は細かい作業に向いている人たちなんですね……
posted by sanjo at 11:48| 東京 ☁| Comment(0) | India | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小さな楽士さん

DSC06321.jpg

ダンスの伴奏をしていた楽団には、かわいい女の子もいました。
posted by sanjo at 11:41| 東京 ☁| Comment(0) | India | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王道

IMG_2026.jpg

頭に壺を積み上げ、重ねたグラスの上に立つ!
これぞラジャスタン・ダンスの王道(笑)。
大げさにやるのもポイント。
posted by sanjo at 11:38| 東京 ☁| Comment(0) | India | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rajasthan Dance Show

頭にランプ(?)をのせた女性が登場し、ダンスショーが始まりました。

DSC06323.jpg

とくに前振りもなく、いきなり始まるのがインドな感じです(笑)。

DSC06333.jpg

月しかない夜空、炎がいっそう赤く輝いて見えます。

DSC06325.jpg

続きまして、を頭にのせたダンサー登場。

DSC06329.jpg

も登場です!

004.jpg

シッポを掴もうとするも失敗(爆)。

IMG_2029.jpg

そしてスティック・ダンス
観客にもが配られ、お決まりの参加型ダンス・タイムに突入です。
いつものことですが、いつのまにか中央で踊ってました、私……(笑)。


ランプ、壺、馬、スティック……いろんな小道具が登場するのが
ラジャスタン・ダンスのおもしろいところ。
前回見たときより、レベルが高かった気がします。
ホテルの観光客向けのショーでも、これだけ楽しめるのだから
いつか本格的なショーも見てみたいのですが、
こういうフォークダンスの「本格的」っていうのは
「ステージ」ではなく「村祭り」なんだと思うのです。
「村祭りシーズンの宮殿ホテル」なんてツアーがあったら
絶対参加するのになー(笑)。
posted by sanjo at 10:10| 東京 ☁| Comment(0) | India | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Special Dinner @ Samode Palace

おまちかねのディナーは、ダルバール・ホールに続くテラスで。

DSC06317.jpg

いかにも「ダンス・ショーをやりますよ」な空間(笑)をテーブルが囲みます。

DSC06332.jpg

ターリー(インドの大皿。通常はステンレス製)も今宵はシルバー(笑)。
posted by sanjo at 09:45| 東京 ☁| Comment(0) | India | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

結婚のPooja

宮殿ホテルでのスペシャル・パーティ、実は結婚式でした!
ツアーを主催する旅行代理店のインド支店長さんが、秋に結婚されるそうで
「じゃあ、参加者にインド風の結婚の儀式も見てもらおうよ!」
……てなことになったのでしょうか(笑)。

DSC06306.jpg

前日見た「Pooja(プージャ=インドの祈りの儀式)」は
「商売繁盛の祈願」でしたが、この日は「結婚の誓い」

DSC06307.jpg

インドの宮殿(を改装したホテル)で、インド式の儀式で結婚を誓うなんて
新郎新婦はもちろんだけど、参加者にとっても貴重な経験ですよね。

DSC06309.jpg

まー、新郎は結婚式用の衣装に着替えたあとも、
ラクダ乗り場に移動するバスの中では、明日のスケジュールを説明したり、
会場へ参加者を誘導したりと、働き続けてましたけど……(笑)。

003.jpg

そして、ダルバール・ホール(大広間)で乾杯
スペシャルなパーティはここからが本番です。
posted by sanjo at 17:46| 東京 ☁| Comment(0) | India | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。