2013年09月25日

Maxwell Food Centre

シンガポールはチャイナ・タウンにあるホーカーズ(フードコート)
「Maxwell Food Centre」

帰国してから調べたら、各種ガイドブックにも載っている
地元の人にも人気のホーカーズのよう。
このころは、まだ体調もかなり悪かったこともあり
今回泊まったドミトリーから徒歩3分だったので、
友人との約束があるとき以外、滞在中の食事はほぼココでした。

とにかく胃が痛いので、量が食べられないのですが
でもでもでも、シンガポールに来たなら食べなきゃいけないものがある(爆)。

IMG_1820.jpg

その1:ドライワンタンミー
汁なしタイプの雲呑麺。いくつかお店があったけど

IMG_1822.jpg

「百年雲呑麺」という店名にひかれました(笑)。
私は「ネーミング」で選ぶ傾向があるようです。


IMG_1871.jpg

その2:ゆで餃子
点心系はとりあえず食べておきたい。8個4シンガポール・ドル(約315円)。
もう少し小さいサイズがあればいいのに。


IMG_1876.jpg

その3:かき氷
のどごしのいいものが食べたくて、
とりあえず無難に「マンゴーアロエ」にしたけれど

IMG_1877.jpg

こんなに怪しげな(笑)ラインナップなんだから、もっと冒険しろよ!と思って

IMG_1882.jpg

後日食べたのがコレ。
が、このあと激しく胃が痛くなって、その夜は眠れませんでした……
自業自得(爆)。


IMG_1878.jpg

その4:チキンライス
やっぱり、シンガポールといえばコレ。ここのもおいしかったけど、

IMG_1884.jpg

Maxwell Food Centreでいちばんの人気店のも食べてみました。
確かにチキンはやわらかくてジューシーだったけど
そんなに差がないような??? 
ガイドブックによるとチキンライスは名店揃いだそうです。


IMG_1888.jpg

その5:ホッケンミーとキャロットケーキ
シンガポールでの残り食事回数を数えたとき、
ここで食べとかないと、もう食べるときがない、と思って
完食は無理なのに両方オーダー(爆)。通常の体調ならイケたんだけど……。

とりあえず悔いはないですが、必ずリベンジします(笑)。
posted by sanjo at 19:11| 東京 ☔| Comment(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

Wink Hostel

winkhostel2.jpg

今回の宿泊先、チャイナタウンのWink Hostel
シンガポールに詳しい友人のおすすめ・ドミトリーです。

海外(と言っても、インドとシンガポールばっかだけど・笑)に
頻繁に行くようになったのはここ数年、いい大人になってからなので
バック・パッカー経験がない私、実は初・ドミトリーだったのですが
思っていたよりずっと快適でした。

IMG_4034.jpg

ベッドはドーム(?)型。下に電子ロック付きのロッカー
Wi-Fiも使えるし、十分くつろげる広さ。
むしろ日本の自分のベッドよりオシャレ(爆)。

安いホテルだと、ベッドだけで部屋がいっぱいで
自由に動けるスペースが少なかったりするのですが、
ここはキッチンのほかにも、リビングというか
共有スペースがたくさんあって、
とくに予定のない昼間の暑い時間や、洗濯が終わるのを待つ間など
よくボーッとしていました(笑)。

IMG_3957.jpg

無料の朝ごはんは、トースト、シリアル、フルーツ、
ジュース、コーヒー、紅茶など。
ドライフルーツやハーブティー、インスタントのスープを
買ってきてカスタマイズ。

IMG_4030.jpg

意外に家族連れも多く、もちろん子どもだって
「自分の使ったものは自分で洗う」のがルール。

winkhostel.jpg

そして、夜は案外静か
それこそ談話室(死語?)に各国の旅人が集まって
ギターを弾いて歌ったり、トランプしたりするのかと思ってましたが
みんなスマホで何かしていて、天井のファンの音しか聞こえません。

winkhostel1.jpg

部屋とシャワールーム&トイレの間にキッチンがあるので
寝起き&シャワーあとはスッピンで通過するのですが
恐ろしいことにだんだん慣れてきて
インドネシア青年団が帰国の朝は、スッピンで記念撮影。ヤバイ(爆)。

まードミトリーもピンキリで、
ここは「わりと高め」のほうらしいのですが
とはいえ、安めのホテルよりも安いので、
長期滞在や、ひとり滞在のときには
ドミトリーという選択肢はアリだなと思いました。
ムービーダンス仲間と6人部屋に泊まるのも
ドリフのコントみたいでおもしろそう(笑)。
朝晩、点呼したりして。

次回はもう1軒紹介してもらった別のところにしてみようかな。
Wink Hostelよりは少し安いらしいけど、
実際に泊まった友人によると、そこもけっこうよさげです。
posted by sanjo at 14:22| 東京 ☔| Comment(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

玉ねぎがつなぐご縁

そろそろ1カ月が経とうとしていますが
夏休みのシンガポール旅行記・続き(爆)。

IMG_3031.jpg

一緒に玉ねぎの皮をむいたご縁(笑)で
とあるご家族の結婚式に参列することになりました。

IMG_3039.jpg

朝9時にシーク寺院集合。
スタンバイしているのは新婦側の親族のようです。
記念写真を撮ったりしながら、ゲストをお出迎え。

IMG_3034.jpg

なんだか入り口がにぎやかだなーと思ったら、新郎が到着したもよう。

IMG_3044.jpg

ピンクのターバンは新郎の親族や友人だそう。

IMG_3048.jpg

新郎、初めは顔を隠してます。男前の予感(笑)。

IMG_3052.jpg

両家顔合わせ。花嫁はまだ登場せず。

IMG_3055.jpg

新婦側から新郎側へ「寝具」を贈る習慣があるみたい。

IMG_3037.jpg

食堂もウエディング仕様。

IMG_3056.jpg

ホールでは男女に別れて座ります。

IMG_3059.jpg

自由席(?)なのをいいことに、
親族でもないのに、できるだけ近くで見ようと少しずつ前方へ移動(笑)。

IMG_3063.jpg

美男美女ですね。インドではが花嫁さんの色だそうです。

IMG_3068.jpg

婚礼用のメヘンディはさすがに細かい!

IMG_3069.jpg

新郎の手にはご祝儀
昨年、友人の結婚式に参加したときには、
シンガポールではご祝儀を「Red Pocket」と呼ばれる小さな封筒に
入れて渡す……と聞いたのですが、ここでは現金むき出しの手渡しでもOKっぽい。
新郎新婦に「おめでとう」と声をかけがてら
10シンガポール・ドル札(約630円)を渡している人が多かったです。

IMG_3074.jpg

初対面の新郎新婦と記念撮影(笑)。

IMG_3080.jpg

引き菓子もいただきました☆

IMG_3076.jpg

新婦のお父様は日系企業にお勤めということもあり、
日本人の私のことをいろいろ気にかけてくれたようです。
帰国する日にも電話で温かいメッセージをいただき、
なんだかほんわかした気持ちになりました。

もうシンガポール何回目だかわからないくらい行ってるわりに、
まだマーライオン見てないし、セントーサにも行ってないんだけど
「明日結婚式なんだけど来てくださいよ」
な〜んて、偶然と行き当たりばったりでつながる
新しいご縁と意外な経験も旅のおもしろさだし、
そのつながりが、次のシンガポールのきっかけになったりするんですよね(笑)。
posted by sanjo at 17:57| 東京 ☁| Comment(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

シンガポールのたこ焼き

IMG_3096.jpg

すっかり恒例となった、シンガポールでのダンススクール通い(笑)。
朝からプライベート・クラスの私に
スクールのスタッフさんが差し入れてくれたのは「たこ焼き」

IMG_3095.jpg

「チーズ&マッシュルームにしたよ。好き?」

って……えええーーー???

見た目、一応たこ焼きですが……
マッシュルームは、なんとなくタコと食感が似ています(笑)。
ベジタリアン対応、と言えなくもない(笑)。
チーズは……中のものが溶け出したのか
はじめからソース状なのかわからないのですが
たこ焼き本体が浸かっていました。まー味は悪くないです。

シンガポールは日本食が人気のようで、
フードコートにも寿司はもちろん牛丼、焼き鳥などのお店がありますが
それぞれ独自の進化(?)を遂げているもよう(笑)。

たこ焼き、ほかにどんな味があるんだろ……今度は自分で買ってみます。
posted by sanjo at 09:59| 東京 ☀| Comment(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マソゴ味のビスケット

IMG_3090.jpg

ホテルの隣のコンビニで見かけて、ついお買い上げ。
あまりにも堂々としていて、むしろ爽やかな感じがします(笑)。
posted by sanjo at 02:29| 東京 ☀| Comment(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

Home Made Lemon Tea

IMG_2987.jpg

どちらかというとコーヒー派で、紅茶はミルクたっぷり、が好みなのですが
シンガポールでは「レモンティー」にはまりました。
ホーカーズ(屋台村)やフードコートでレモンティーを注文すると
「缶? ホームメイド?」と聞かれることがあり
ホームメイドはグラスの底に、日本のとは違う、
小さくて青くて丸いレモンが沈んでいます。
味は……ホームメイドのほうが若干甘みが少ないかなー(笑)。
posted by sanjo at 17:23| 東京 ☀| Comment(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本未発売

bodyshopindia.jpg

THE BODY SHOPの製品、わりと好きなので、
旅先でも「日本未発売」のものを見かけたら買うことが多いです。
ただ、帰国して使い始めないうちに
日本でも発売になったりすることもままあり……(爆)。

今回は新フレグランスコレクション「センツオブザワールド」の中から
名前に惹かれて「インディアンナイトジャスミン」
フレグランスミスト、シャワージェル、ボディローションを
買って来ましたが……案の定、8/24から日本でも発売開始だそうです。

とりあえずシャワージェルは開封しました!
ほかのも早く使わなくちゃ!
posted by sanjo at 11:21| 東京 ☀| Comment(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

シンガポールで玉ねぎの皮をむく

「Central Sikh Temple」は行きつけ(笑)のお寺のひとつ。

IMG_3013.jpg

白い祭壇は鳥籠みたいにかわいらしく、
天辺のシンボルマークは蝶々みたいに見えます(笑)。

IMG_3014.jpg

参拝のあと、食堂でチャイを飲み、
いつもタダメシをいただいているお礼に
仕込みの手伝いをさせてもらうことに。

玉ねぎの皮をむくこと100個くらい。
私はいつも手でむいているので、包丁むきに慣れるのに
やや時間がかかりました(笑)。

IMG_3017.jpg

一緒に皮むきをしたご家族、翌日はこのお寺で娘さんが結婚式を挙げるそうで、
「ぜひ来てください」と誘ってくださいました。

IMG_3019.jpg

労働のあとのパコラ(インド風のかき揚げ)。
むいたばかりの玉ねぎが使われていたかどうかはわかりませんが
いつもよりひときわおいしく感じましたよー。
posted by sanjo at 17:08| 東京 ☀| Comment(3) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンガポールでの楽しみは……

IMG_3010.jpg

お寺巡り!(笑)
中国、マレー、インド、アラブ、ヨーロッパなど、
いろいろな文化、言語、宗教が混在し、調和しているシンガポールでは、
効率よく、たくさんの宗教的な建物を見ることができます。

IMG_3008.jpg

ヒンドゥー寺院は、建物も参拝客の服装も色彩豊か

IMG_3006.jpg

近代的なビルとヒンドゥー寺院、シンガポールらしい風景だと思います。
まー、インドにもビルはあるんですが、
なんていうか、シンガポールのほうが、より「近代的」(?)で、
お寺と並んだときの不思議感が強い気がします。

IMG_3012.jpg

境内で寝ている男性……ひたいとお腹にキャンドルが置いてあります。
瞑想? 治療? 願掛け?
何人かのヒンドゥー教徒の友人に聞いてみたのですが、答えはわからず……
posted by sanjo at 12:23| 東京 ☀| Comment(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

National Day in Clarke Quay

IMG_2994.jpg

シンガポールに到着した日は、シンガポールの「National Day(建国記念日)」
「National Dayな気分を味わえるところはどこ?」
と友人たちにリサーチしたところ
「Marina BayかClarke Quay」
ということで、Clarke Quayに行きました。シンガポールの夜遊びエリアです。

IMG_2991.jpg

大通りの真ん中に、突然噴水が出現!
真ん中を突っ切ることができます。おもしろい!

IMG_2992.jpg

花火でも見られるかなーと思ったのですが、とくに何もなく……
川沿いの夜景を眺めつつ、ワインを一杯ひっかけて帰ってきました(笑)。

IMG_2995.jpg

たまにはこんな大人な(?)夜もいいものです。
posted by sanjo at 11:40| 東京 🌁| Comment(0) | Singapore | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。