2014年01月09日

ショボい弁当自慢

写真 1.JPG

写真 2.JPG

写真 4.JPG

ワケあって最近、弁当生活です。
寒くてランチに出かける気がしない、というのもあって、とりあえず何かしら家から持って行くのですが、我ながらショボい、というか手抜き(笑)。

朝ごはん食べながら準備できる程度のおかずなので、レンジ調理&詰めるだけが主流。お弁当箱もプラスティック容器だし、もし母が作ってくれる弁当がこんなだったらイヤかも(笑)。

でも食材の不良在庫処理にも役立っていて、今日は賞味期限切れのレトルトカレー(爆)に温泉卵トッピング。ごはんは週末に炊いて冷凍です。
いつもらったかわからない(爆)赤米も混入。食べる場所に電子レンジと給湯ポットがあるのがありがたい。

今や家にあるもので短時間に作れるものは何か、考えるのが楽しくなってきました。

暖かくなったら、ショボい弁当仲間と六本木ミッドタウン(笑)でピクニックの予定です。

世の中にはステキなお弁当でブログ作ってる人もいるけど、ショボい弁当では続かないよね(笑)。
posted by sanjo at 13:08| 東京 ☁| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

2014初・大吉

写真.JPG

今年に入ってから何回かおみくじを引きましたが、初めて「大吉」が出ました。

が、「安心して油断するとせっかくの幸が禍となります用心しなさい」とのこと。

あと、「恋愛:容姿より心を選べ」だそうです(笑)。
posted by sanjo at 16:13| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

冬、路上の料理レシピ

写真 1.JPG

特集タイトルにひかれて『ビッグイシュー』買いました。
ホームレスのオジサンが販売員となって、街角で売っている雑誌で、
定価300円のうち160円が販売員の収入となります。
「施し」ではなく、仕事を提供し自立を応援するしくみだそうです。

「冬の路上レシピ」特集は、屋台メニューの紹介を想像していたのですが、世界の「炊き出し」ルポでした。
それはそれで興味深く、
スロベニアの「仔牛肉のシチュー」
ブラジルの「チキンとオクラの煮込み」
南アフリカの「野菜シチュー」
台湾の「麻婆豆腐」
日本は「豚汁」
などなど、やっぱ寒いときには汁物だよなー、でも肉もパワー出るよね…なんて思いつつ熟読。けっこう読み応えありました。

定価300円なのに、たったの32ページ。そのへんのフリーペーパーのほうが見た目も豪華だったりしますが、広告の少なさがかえって読みやすいし、300円分の価値を見出そうとセコイ気持ち(笑)が働くのか、特集以外の記事も隅々まで読みました。
むしろフツーの雑誌で、32ページ分も読み込むことなんてほとんどないかも。

久々に「雑誌読んだなー」って気がしました。
っていうか、私は雑誌が好きで、雑誌を作る仕事がしたいと思って出版社に就職したのに、辞める前の数年は雑誌読むのが面倒だったなー(笑)。自社の雑誌も読み切れないのに、他社のものまで手が出ないよ、ウンザリって感じ。

まー、また雑誌作りたいかと言われたら、微妙ですが(笑)、雑誌好きな気持ちは少し戻ってきました。
posted by sanjo at 22:44| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

インド映画 in JAPAN【2013年まとめ・その9】

写真 1.JPG

写真 2.JPG

写真 3.JPG

写真 4.JPG

写真 5.JPG

今年はインド映画関連のイベントが多かったですね。
監督さん、俳優さんも何人か来日されて、幸運にもお会いすることができました。
みなさんけっこう気さくに写真撮影に応じてくださるんですよね。
正直あまりよく知らなかった俳優さんもファンになっちゃいます(笑)。

来年はすでに何本か劇場公開も決まっているようで、日本でもインド映画が少しずつ身近になってきている感じ。

いつか最新作をインドと同じタイミングで観られる日が来るといいな〜と思います。

私のインド映画的2014年の目標は、買っただけで観ていないDVDを全部観ること。
けっこうたくさんあるので、スケジュール立てなくちゃ(笑)。
posted by sanjo at 23:13| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年いちばんの後悔【2013年まとめ・その8】

写真 1.JPG写真 2.JPG

今年の誕生日はデリーで迎えました。
そのころ私は謎の体調不良の真最中でした。

デリーのダンス仲間が誕生日を祝ってくれると言ってくれたのだけど、正直それどころじゃないくらい具合が悪くて、でもせっかくだから出かけてきました。

マクドナルドにケーキを持ち込んで、キャンドルに火をつけ、コーラで乾杯。
名前が書いてあるケーキなんて何年(何十年?)ぶりだろう?
うれしかったけど、1切れ食べるのも苦しいくらい胃が痛かったんです。

ケーキのあとは映画へ。当時公開したばかりの『Chennai Express』、
観ている途中で熱が上がってきたのがわかったけど、最後まで観ました。英語字幕なしでも友人たちと同じところで笑えたのがうれしかったな。

アパートに戻って、もらったお花をバケツに活けて、お礼のメールもして、その日は倒れるように寝ました。

その数日後、この誕生日祝いの言い出しっぺだった友人が亡くなったそうです。
そのことを知ったのは帰国してから。

メールの返事は早いほうだった彼、お礼のメールへの返事も即レスでした。
私のケータイのメモリには翌々日までのやりとりが残っているけれど、そのあと返事が途絶えて、でも私も体調が悪いままだったので、返事がなくてもとくに気にしていませんでした……とにかく絶不調でした。

誕生日のときも、そのあとのメールも、いつも通りの彼だったと思うけど、私は自分の体調不良で目一杯で、会話もうわの空になりがちだったし、彼の素振りに何かおかしなところがあったとしても気づく余裕がありませんでした。

ひょっとしたら彼は何か私に相談したいことがあったのかもしれない

そうじゃなくても、体調万全だったら何か察することができたかも

……って思い込み過ぎとは思うけど、体調が悪いと他人のことをカケラも考えられなくなるんだなーって痛感しました。

「健康第一」

今年いちばん思い知ったことです。
体調管理は自己責任、さらに1つ歳をとる来年、もっと注意しないとね。

デリーで誕生日を祝ってもらえたのはとてもうれしかったし、彼に出会えてよかったと思います。もっと一緒に踊りたかったな。RIP & never forget
posted by sanjo at 22:16| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンガポール・サプライズ【2013年まとめ・その7】

写真 1.JPG写真 2.JPG

いろんなご縁があって、今年もシンガポールで踊ってきました。

インド・ムービーダンス・チーム「PIO JIO」にとって、年に1度のお楽しみというか、慰安旅行というか、とにかくシンガポール遠征を楽しみに、日々練習をがんばっている感じ。

そして今年8月、インド旅行の帰りにシンガポールに寄って今年の出演の打ち合わせをしてきたのですが、すごいサプライズがありました。

主催者の高橋さん(通称)ご夫妻が、メンバー6人分の衣装をプレゼントしてくれたのです!

しかも「背の高い人がいたよね」「細いコがいたよね」とサイズにも配慮が。
もー、うれしいやらうれしいやら(笑)、とにかくビックリしました。

宿に戻ってメンバーにメールで報告。みんなも大興奮です。

6人分の衣装はけっこうかさばったので、インドで買った自分土産のほとんどをシンガポールの友人に放出して日本に持って帰ってきました。

この衣装のデビュー戦はもちろんシンガポール。感謝の気持ちは踊りで表すしかない、とがんばったつもりです。

仕事で知り合ったKさんが紹介してくれたRさんがSさんを紹介してくれて、そのSさんがさらに紹介してくれたのが高橋さん……なのですが、フツーは1度会っただけで終わってしまいそうな縁が、もう3年も続いていること自体がサプライズですよね。

来年は高橋さんはじめシンガポールつながりのみなさんに、私たちのダンスでHappyなサプライズをお届けしたいと思います。

そしてさらなる素敵なご縁にも期待です(笑)。
posted by sanjo at 20:38| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パキスタン・バザールForever【2013年まとめ・その6】

写真 1.JPG

写真 2.JPG

写真 3.JPG

なぜだかパキスタンに縁があります。
まだ行ったことないんですけどね。

今年は仕事を辞めて時間があったので、昨年よりも多めに日本とパキスタンの友好イベント「パキスタン・バザール」の運営に関わらせてもらいました。

「円滑に」進めなきゃ、と思うあまりに出演者・関係者のみなさんに失礼なこともしちゃったと思います。

でも、パキスタン大使館のみなさんはもちろん、在日パキスタン人のみなさん、パキスタン好き日本人のみなさんなどなど、たくさんの人にアドバイスをいただきながら、どうにか役目を果たすことができました。

閉会式のときには涙が出そうになりましたよ(笑)。

パキスタン・バザール運営側の中心人物だった大使館のG公使は、日本での任期満了で帰国されてしまったのですが、送別会のスピーチで
「来年以降、パキスタン・バザールが続いていかなかったら、私のしてきたことは失敗だった」
というようなことをおっしゃっていたのが、実はちょっと気がかりだったりします。

来年のパキスタン・バザールはまだ様子が見えてこないし、来年の私の境遇もどうなっているかわからないのですが、パキスタン・バザールがナマステ・インディアのように、長く続いて定着するイベントとなるように、これからも、できる限り関わって行けたらいいなと思っています。

あと、いいかげんパキスタンにも行きたですね。
posted by sanjo at 11:56| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

PIO JIO・シーズン3【2013年まとめ・その5】

写真 1.JPG
インド・ムービーダンス・チーム「PIO JIO」はインド人のダンスマスターから指導を受けた、女性6人のチーム……なのですが、実は「PIO JIO」という名前がついたのは一昨年。

いつも練習でお世話になっているオールテンポ・スタジオのイベント出演する際、チーム名を求められたので急遽命名(笑)されました。

それ以前も同じメンバーで、イベントがあるごとに集まって練習&出演……というスタイルで活動はしていたんですよ。

でも、ここからOh!chai!さんが本格参加して6人編成になり、イベントがあってもなくても毎週日曜日に定期練習をするようになり、秋には初のシンガポール遠征も実現、現在のPIO JIO活動の基礎?ができました。

と、いうわけで2013年はシーズン3。
これまでは、依頼があれば出動……という「受け身」の体勢だったのですが、今年はエントリー制のイベントにもいくつか挑戦しました。大きいのはやっぱり「ナマステ・インディア」かな。
3回目のシンガポール遠征も果たせたし、チームとしては充実した1年だったと思います。

社会人チームなので、出演可能日は基本日曜だけだし、記憶力の衰え(笑)や練習のペースを考えると、2カ月に1回くらいイベント出演があると、モチベーション的にもいい感じなのですが、「いつも笑顔で楽しく踊る」ことをモットーに、来年もいろいろ出動できれば、と思っています。

今年、「PIO JIO」のダンスを観てくださったみなさん、
ワークショップに参加してくださったみなさん、
本当にありがとうございました。
また来年も一緒に笑っていただけるような、Happyなダンスをお届けできるようがんばりますので、どうぞよろしくお願いします☆
posted by sanjo at 17:09| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

サリー着付け活動【2013年まとめ・その4】

写真.JPG

自他共に認めるサリー好きの私、今年は「着付け」にも何度か出動しました。

インドの服全般を「サリー」と呼ぶ……と思っている人も案外多く、そんな誤解?を解きながら、1枚の長〜い布が美しいドレープのドレスになる魔法(笑)をひとりひとりにかけていくと、本当にみなさんうれしそうな笑顔を見せてくれます。

着付け冥利ですね。

あと、「お腹を出すんでしょ?」と躊躇される方も多いのですが、出し具合はお好みで調整できるので、しっかりカバーすることも可能です。

そんなこんなで大人、子ども、日本人、外国人…と今年は30人くらい着付けたかな。

来年は50人を目標に、実際にサリーを着ていただいて、魅力をお伝えできたら、と思います。

またサリー・パーティやるのもいいかもね。
posted by sanjo at 16:15| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

父と、インド【2013まとめ・その2】

写真.JPG

両親との3人旅行のはずが、母の急な体調不良により、
父娘珍道中となったGWのインド旅行

私も仕事を辞めて時間があるし、どうにか貯金もあったし、
父も元気でインドに行く気力も体力もあったし、
いつ行くの? 今でしょ! と実行しました。

IMG_0252.jpg

父は思ったよりチャレンジャーで、
言葉がわからなくても、インド人と積極的に交流……はいいのですが、
レストランでターバンを巻いてもらったとき、
少し離れた席のインド人家族を見て
「ちょっと挨拶に行ってくる。日本からマハラジャが来た、って通訳してくれ」
と、想定外過ぎるムチャ振りを発動(驚)。
カラダをはってネタ作りは血筋なのかと、しみじみしちゃいました。

こんなとき、母がいれば
「向こうも家族団らんなんだからやめなさい」
と、なったと思うのですが、結局私も「ネタ」をとって、
見知らぬ家族のテーブルにご挨拶へ。やっぱ血筋か(笑)。

帰国後、インド旅行の写真でフォトブックを作りました。限定6部(笑)。
父に2部(保存用と見せびらかす?用)、私の控えに1部、
残り3部はご自由に、と渡したら、弟と妹が1部ずつ持って行ったそうです。

たった3泊5日でしたが、今年のメインイベントだった気がします。

母は数年ぶりに首のリウマチが復活して、長時間の移動がツライとのことで、
しばらくインドは難しいかもしれません。
もう少し近場での親子旅行も今後の野望です。
posted by sanjo at 12:22| 東京 🌁| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。