2013年10月04日

サリー活動

自他共に認めるサリー好きの私、
たまに「サリーを着て」の物販や受付、「サリー着付け」などの
依頼をいただきます。

IMG_2138.jpg

今回はNPO南アジア文化協会(SACA)の活動で、練馬区の寿大学へ出動。
65歳以上の方を対象に開催中の「インド講座」で、
受講生のみなさんに、サリーやパンジャビ・ドレスなど
インドの女性の衣類について、お話&実演させていただきました。

SACA理事長・森山さんが男性の衣類を紹介。

IMG_2141.jpg

IMG_2142.jpg

ルンギは2m、ドーティは4m、そしてサリーは5〜6mと
みなさん布の長さに驚きのご様子。
でも、その1枚の布が、ねじったり巻いたりして
立派な衣類になることにも驚きと魅力を感じていただけたようです。

今回、ちょっと着付けでもたついてしまったところがあり、
体験に参加してくださった方には本当に申し訳なかったのですが
そこは年長者の優しさで温かく見守っていただけて
へっぽこ講師(汗)としては、とてもありがたかったです。

そんな私のサリー活動ですが、次回は「染まるインディア」というイベントの
「Try Sari インドのおしゃれを楽しむ」というコーナーに
着付けアシスタントとして出動予定です。

日時:10月30日(水)13時〜17時 随時 所要時間、お一人あたり約30分
場所:エスニカ(東急田園都市線青葉台駅より徒歩10分)
費用:無料 予約不要
*自前のデジカメやスマートフォンの持ち込み、撮影も大歓迎
*自前のサリーの持ち込み歓迎

日にちが近づいてきたら、またあらためてご案内しますが、
この「染まるインディア」というイベント自体は
10/26〜11/4まで、10日間に渡って開催され
舞踊、詩、音楽、料理、写真、手仕事など、
いろいろなインドの魅力が堪能できるそうなので、
ご都合の合う方、興味のあるテーマにだけでも、ぜひぜひいらしてくださいね。
posted by sanjo at 10:20| 東京 ☁| Comment(0) | saree | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

あのサリーは今

断捨離はPCにも及んでいます。
使っていないアプリや、とっくに用済みとなった書類、
ダブっている写真やイケてない(笑)写真などをどんどんゴミ箱へ。
で、発掘したこんな写真。

20080615.jpg

2008年6月のイベントで踊ったときのもの。
このサリーは、サリー初心者(笑)のころ、ヤフオクで3000円ほどで買いました。
色と透け感が気に入って愛用していましたが、
手持ちのサリーが増えるにつれ出番も少なくなり……

で、リフォーム(?)しました。

104_large.jpg

2011年のナマステ・インディアでCoco鮎美さんのチームに参加したときに
ゴールドのスカートと重ねるタイプの衣装に変身(写真右端)。

200910romafes.jpg

製作者さんの心遣い?により、胸元にはフカフカのパッドが入っていて
実力以上の仕上がりに!(笑)。

その後も何回か着ています。
出番の少なくなったサリー、ほかにもあるので、
こんなふうに何かに活用できるといいんだけど。
posted by sanjo at 15:07| 東京 ☀| Comment(0) | saree | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

私のサリー☆13号

マルチカラーのサリーです!

DSC06206.jpg

インド人の友人・Nitiさんは個人でインド服の輸入販売をしていて
私のサリー6号8号11号は彼女から買ったものなのですが
このサリーは、
「マルチカラーのサリー買わない?」
と、売り込み(笑)のメールが来たのです。

こんなハデなのを着る日本人は私しかいない、
とでも思ったのでしょうか???(笑)。

DSC06021.jpg

でも、こーゆーの持ってなかったので、買っちゃいました。
チョリ(サリーブラウス)の背中もかわいい。
ダンスの衣装としても活躍中です。
posted by sanjo at 12:25| 東京 ☀| Comment(0) | saree | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

私のサリー☆12号

シンガポールの「ムスタファ・センター」で買いました。
リトル・インディアにある、24時間営業の
巨大スーパー・マーケットです。

DSC05749.jpg

「Diwali(ディワリ)」というお祭りを控え、
「ムスタファ・センター」ももちろんセール中
山積みのサリーの中から、好きな色だったので広げてみたら
パルー(肩にかける部分)の柄もなかなかユニーク。

確か35シンガポール・ドル(約2100円)
お手ごろだけど、もう11枚も持ってるし……と悩んでいたら
同じくサリー物色中のインド人マダム3人組
「あら、そのサリー素敵ね。ちょっと見せて」
と、奪われそうになったので、つい勢いで買ってしまいました(爆)。

で、買ったはいいんだけど、Diwaliシーズンのため
仕立て屋さんは「仕上がりまで1週間」は当たり前の大混雑。
「旅行者だから時間がないの」特急料金を払ってねじこみ、
結果、チョリ(サリーブラウス)の仕立て代のほうが
サリーより高くつくハメに……(苦笑)。


saree012.jpg

デビュー戦は10月末の「東京ディワリフェスタ西葛西」でした。
ちょっと渋めですが、まー、もういい大人なんだし(笑)
これからはこういう落ち着きのあるタイプ
着こなしていきたいですぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 18:23| 東京 ☀| Comment(0) | saree | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

私のサリー☆11号

DSC05188.jpg

シンガポールでの友人の結婚式に出席するために買いました。
「maroon(マルーン)」という赤と茶色の中間のような色の
ちょっとトラディショナルな雰囲気のサリー。

DSC05600.jpg

参列者のみなさまにも好評でした。ヨカッタ(笑)。
ハレの席で着られるのは、サリーにとってもウレシイことなんじゃないか、
と勝手に思ったりしています。
っていうか、服は着てナンボ。
せっかくのサリー、できるだけいろいろなところで着たいですよねぴかぴか(新しい)
posted by sanjo at 23:57| 東京 🌁| Comment(3) | saree | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

私のサリー☆10号

記念すべき(?)10枚目のサリーは実力で勝ち取りました(笑)

DSC04681.jpg

今年の6月に開催された「手仕事フェスタ」というイベント内での
「エキゾチック・ファッション・コンテスト」サリー9号で出場し
4位入賞の賞品としていただいたものです。

インド東部・オリッサ州の手織りサリーは、熟練の職人が作り出す
絣と紋織りを組みあわせた手の込んだ仕事が魅力。
ビーズもスパンコールもついていないけど、鮮やかな配色が目を引きます。

IMG_0342.jpg
2011年8月撮影

手織り職人さんはどんどん減ってきているそうなので、
「大切にしなさいね」
と、老舗インド衣料店・六甲サリーズの店長さんに言われました。
このサリーとともに年を重ね、手仕事の魅力が伝わるような着こなしを、
身につけていけたらいいな……と思っています。
posted by sanjo at 23:31| 東京 ☁| Comment(0) | saree | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

私のサリー☆9号

派手めシンプルモダンの次は、いよいよ「アンティーク」の登場です。

DSC05146.jpg

これは、とあるサリー愛好家の方が
惜しまれつつ閉店した大阪のインド衣料&雑貨店「アムリタ」
ディスプレイ用として寄贈した品なのですが、
「サリー好き」が評価(?)されて、私のところにやってきました。

DSC04632.jpg

細かい織り模様のサリーは、その重みで
お腹のプリーツがキレイに決まる気がします。
チョリ(サリー用のブラウス)の生地がブロックチェックなのもカワイイ。

シンガポールで着ていたら、インド系の方々に
「ベンガル・スタイルだね」と言われたんですが
そうなんでしょうか? 詳しい方、教えてください。
posted by sanjo at 17:50| 東京 ☁| Comment(0) | saree | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

私のサリー☆8号

派手めシンプルときたら、次は「モダン」ですよね!(笑)

DSC05184.jpg

黒と赤のハッキリした配色不思議な模様(唐草? ペーズリー?)、
チョリ(サリー用ブラウス)も背中が個性的

DSC05186.jpg

これもインド人の友人・Nitiさんのお店で買ったのですが
「デザイナーズ・サリー」だそうです。

DSC03963.jpg
2011年2月撮影

デビュー戦は友人の結婚披露宴
お開きのあと、記念撮影をしていたら、式場の方が写真室を開放してくれました。
もう少しキレイにパルー(肩にかける部分)を広げればよかったな(笑)。
でも、このサリーの「モダン」な感じ、伝わりますよね???
posted by sanjo at 04:25| 東京 ☁| Comment(2) | saree | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

私のサリー☆7号

甘いものを食べたあとは、塩辛いものが欲しくなるように
派手めのサリーを手に入れると、次はシンプルなものに目がいきます(笑)。

DSC_7376.jpg
2010年11月撮影

サリー7号2010年11月、デリーで購入
ビーズもスパンコールもついていないけれど
花模様にストライプ(!)という日本ではあまり見ない柄合わせは
意外に目立つ(笑)ような気がします。

DSC05180.jpg

クレープシルクという素材だそうで、軽くて柔らかくて、
風にパルー(肩にかける部分)がフワ〜ッとなびくと見た目に涼しげ。


こういうシンプルだけどインパクトのある柄物(笑)を、
日常的に、自然に着こなせるようになると
サリー上級者と言えるのでしょうか??? 道はまだまだ長いです。
posted by sanjo at 00:02| 東京 ☁| Comment(0) | saree | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

私のサリー☆6号

DSC03181.jpg
2010年11月撮影

インド人の友達・Nitiさんは、
個人でインドの衣類やアクセサリーを輸入して、
在日インド人コミュニティのイベントや
ご自身が主催するパーティなどで販売しています。
先日の<サリーに着替えてインド料理を食べる会>にも
レンタル衣装の提供&着付け、そして物販にご協力いただきました。

DSC05171.jpg

そのNitiさんから買ったのが、サリー6号
チョリ(サリー用ブラウス)は共布で仕立てた既製品でしたが、
やや肩の開きが大きいくらいで、ちょうどいいサイズ。
パルー(肩にかける部分)や裾いっぱいのスパンコールが華やか
ゴージャスなんだけど、意外に形が作りやすくて、
シワにもなりにくく、扱いやすいので、旅行にも便利(笑)。

そんなワケで、友人のダンナさんの帰化記念パーティでのデビュー以来、
ナマステ・インディア横浜ディワリ秋のインド旅行……
2010年後半は大活躍したのでした。
posted by sanjo at 11:57| 東京 ☀| Comment(0) | saree | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。