2014年01月29日

NAGALAND DAY

写真 1.JPG

写真 2.JPG

ヒンディー語の師匠・M先生によるトーク・ショーを聞きに、小田急線は柿生駅にある「風知草」というカフェに行ってきました。

テーマは「ナガランド」。
ミャンマーと隣接するインド北東部の州です。
中国やビルマにも近いので、日本人と似た顔立ちの人が住んでいる、というイメージはあるものの、私にとっては未知・未踏の地域。
実際、2〜3年前までは訪問には政府による制限があり、気軽に行けるところではなかったようです。

M先生撮影の写真・映像をたくさん見ましたが、思っていたより都会……というか開けている。オシャレなカフェもあるし、道ゆく若者のファッションは日本のとあまり変わらない。
人口の2/3がキリスト教徒で、州の公用語は英語なんだそうです。欧米化???

とはいえ、ナガランドには独特の民族文化もあります。
手織り生地の民族衣装は、配色や柄に部族ごとのバリエーションがあり、タイのモン族にも似ている感じ。
もとは「アニミズム信仰」だったとか、「首狩り」をしていたとか、神秘的?な面もあります。

第二次世界大戦の「インパール作戦」で日本軍が進駐したこともあり、高齢者の中には日本語が少しわかる人もいるみたい。

話を聞けば聞くほど、私が今までに見たインドとは違うな、って気がします。
インドって本当に広いですね。

いつかナガランドに行くことがあったら、とりあえず手織り布のショールかタペストリーを手に入れたいです。
まーデリーでも買えるそうですが(笑)。
posted by sanjo at 23:11| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

そろそろ1月も終わり

写真.JPG

ふと思い立って、スケジュールとか目標とか、やりたいこととか、やらなくちゃいけないこととか、整理してみました。

あれ? 思ったより時間がないぞ……という案件がいくつか(焦)。ヤバイ、ヤバイ。今、見直してヨカッタ。

寝坊したとき、明らかにダメな時間じゃなくて、スッピンで飛び出せば間に合うかも……なタイミングで目が覚めるのと同じだなぁ(笑)。

まーでも、「スッピンで飛び出したら間に合う」なんてことは、いいかげんやめんとイカンね。これも目標にしよう(笑)。
posted by sanjo at 21:58| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

瞑想スペース

写真.JPG

……というより「多目的スペース」かな。
畳の上にラグと小さな絨毯を重ねています。
1畳にも満たない狭さですが、ストレッチしたり、ヨガ(もどき)したり、ボーッとしたり、お茶飲んだり。

部屋自体は6畳あるので、いつか、「これは!」という絨毯に出会えたら、スペース拡大する予定。

部屋を片付けて、お金も貯めておかないと実現しませんが……。
posted by sanjo at 21:36| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

新年会@パラゴン・カフェ

写真 1.JPG

写真 2.JPG

写真 3.JPG

写真 4.JPG

横須賀市長沢にあるインドな空間「パラゴン・カフェ」で、
インド・ムービーダンス・チーム「PIO JIO」の新年会。
おいしいカレーと足心(足裏で踏まれるマッサージ)で、
すっかりリラックス&リフレッシュ。

夕陽を見ながら帰途につきました。
posted by sanjo at 18:49| 東京 ☀| Comment(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

made in ...

写真.JPG

買い物をするときは、できるだけ「日本製」か「インド(やその周辺の国)製」を買うようにしています。

あとは天然素材に近いもの、混ぜ物の少ないもの。

世の中、圧倒的に「中国製」が多いので、買う前に表示を確かめることで「買いすぎ」「無駄買い」防止になってます……と言いたいところですが、「この商品で日本製は珍しいから」とまとめ買いしてしまうことも(爆)。

その典型が「パキスタン製」のジーンズ。
シンガポールでたまたま立ち寄ったお店で発見。アメリカのブランドでしたが、タグには「MEDE IN PAKISTAN」の文字が。

衣類に限らずパキスタン製自体を見かけることが少ないので、どんなもんだか興味津々。
まず1本買ってはき心地を確認し、翌日2本買い足しました。セールだったし(笑)。

でも、今現在、ヘビーローテーションです。この3本でほぼ毎日回ってる。

タグに書かれている英語以外の言語も興味深い。
COTTONを表すPAMUKはトルコ語(またはクロアチア語)、ALGODONはスペイン語だそう。

アメリカのブランドがパキスタンに発注し、英語・トルコ語・スペイン語圏で販売されているであろうジーンズを、シンガポールで買って日本ではいている……ジーンズにとっては数奇な運命ですよね(笑)。

彼の旅路に思いを馳せつつ、大切に使いたいと思います。
posted by sanjo at 22:45| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

Halal Food Party

Facebookで見かけたイベント、
メニューが興味深かったので友人を誘って出かけてきました。

IMG_3374.jpg

チャーシューはラム肉を使用。
ラム独特の風味が残るものの、見た目はちゃんとチャーシュー。
私はラム好きだけど、苦手な人にはやや不評。

IMG_3375.jpg

そのチャーシューの煮汁で作った煮卵は、ラム苦手な友人にも好評。

IMG_3378.jpg

餃子の中味はアジだそうです。
こちらは意外に魚臭さはなく、アッサリした味。
でもアジの臭みは感じなくて、ラムの臭みが気になるのは
日本人だからなのかもしれません。
会場にいた、イスラム圏の人の意見を聞けばよかったな。

IMG_3380.jpg

唐揚げ……はもちろん鶏肉。フツーにおいしい。

IMG_3379.jpg

すき焼き……っていうより肉じゃがっぽい、と思ったけど
それは私が関西人だからかも??? 実家の肉じゃがは牛肉なので。

IMG_3383.jpg

取り分け用のトングやお玉には「ハラール専用」のシールが貼られていました。
細かいところまで気を遣っているなーと感心。

このパーティの主催者は、
ハラル・レストラン検索アプリの「islamap」
ハラル・フードを扱うweb shop「Smile Infinity」
だったのですが、若い人ばかりでビックリ!
今まで参加した、このテのパーティーよりもずっと平均年齢低そう……
20代前半と思われる人がたくさん来ていました。
ふーむ、「ハラル」もそんな若者に認知されてきたの???

何人かとお話しましたが、「ハラル」をキーワードに、
東北復興や地域活性、インバウンドのビジネスを考えている人
イスラム圏への日本文化の紹介を考えている人
イスラム教徒の友人・知人が多い人(私もです)
イスラム教徒になった人、などなど……
手探りながらも「日本でのハラル」に期待を感じている人が
たくさんいることを実感しました。

IMG_3371.jpg

和服の生地を使ったアバヤの試着もしちゃいました。
ベルトでブラウジングして、着丈の調整と
シェイプしたシルエットを作ります。
ウエスト・マークがアリなのかわかりませんが
お土産に「ジャパニーズ・キモノ・アバヤ」需要あるかな?
彫りの深いアラブ美人にぜひ着てもらいたいです。
posted by sanjo at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

グルムキー(パンジャービー語)文字だけ講座

DSC09832.jpg

インドはデリーの旧市街「チャンドニー・チョーク」の地名標識です。
英語表記を挟んで、上がインドの公用語である「ヒンディー語」
下はインド北西部・パンジャーブ州を中心に使われている「パンジャービー語」
パンジャービー語はデリーの第2公用語でもあるため、
デリー市内ではパンジャービー語もよく見かけます。

で、そのパンジャービー語の、とりあえず「文字だけ」覚えちゃおう!
という、ミニ講座を開催することになりました。
クリケットに続きまして、またもやSACA(南アジア文化協会)の活動です。

会場はシーク寺院、恒例の見学ツアーのあとの約1時間で、
グルムキー文字の解説&練習を予定しています。
(かなり駆け足になりそうですが……汗)

なぜ、シーク寺院??? かと言うと、
シーク教のみなさまの総本山「ゴールデンテンプル」
パンジャーブ州にあるから。
当然、東京のシーク寺院にも、
パンジャービー語を母語としている方がたくさん来ています。
それにシーク教の聖典『Guru Granth Sahib』にはグルムキー文字が
使われているんですよ。
つまり、先生と教材の宝庫なワケです。

そんなワケで、ただいま参加者募集中です。
【グルムキー(パンジャービー語)文字だけ講座】
日 時:2014年02月09日(日)15:00 〜 16:00
会 場:グルドワーラーサーヒブ東京
参加費:1000円(寺院への寄付込み)
    *『スィク教寺院見学ツアー』同日W参加の場合は2000円
講 師:バルプール・スィン

見学ツアーと合わせまして、
僭越ながら私が案内役を務めさせていただきます。
興味のある方は、SACAにお問い合わせくださいね。
私にメッセージいただくのでもOKです。

メニュー、看板、標識などなど、文字が少しでも読めると、
旅先での楽しみが広がります。
まずは「文字だけ」講座、ぜひご参加ください。
posted by sanjo at 19:33| 東京 ☀| Comment(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

タージマハル認印

写真 1.JPG写真 2.JPG

「邪悪なハンコ屋 しにものぐるい」というWeb Shopで、
一目惚れして作っちゃいました。

タージマハルのイラスト入りインキ浸透印(いわゆるシャチハタ)です。

認印として(ほぼ)問題なく使えるそうですが、
すでにフツーの認印(苗字の漢字表記)は持っている
&やっぱり「こんなハンコじゃダメ」と言われたらヤダな
……というチキンな気持ち(笑)もあり、
スタンプ感覚で使う用にローマ字表記でオーダー。

書体は6種類から選べましたが、
「スタッフの手書き書体」にしてみました。
「気分や体調によりムラがあるものの、良くも悪くもオンリーワン」
という説明が私の心にヒット(笑)。

主にインド系活動やグローバル系活動のときに登場予定です。
まずは持ち物にひとしきり押してみよーっと。
posted by sanjo at 18:11| 東京 ☀| Comment(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

ハガキを書こう

写真.JPG

今年の小さな目標として、メールじゃなくて、ハガキで返信しよう……というのがあります。

昨年、断捨離活動したときに、記念切手と絵ハガキがたくさん発掘されたので、ボケ防止(笑)も兼ねて文字を書こうと思ったワケです。

パキスタンの写真がステキなカードは、日本のハガキよりも大きいなーと思ったら、やっぱり基準サイズを越えていて、80円切手が必要でした。

でも、送る相手や内容によって、カードや切手の柄を選ぶのって楽しいですよね。

2014年1月の獅子座は「再会」がテーマだそうですが、そういった楽しみを思い出せたのも、「再会」のひとつかもしれません。

インドの友達にも「寒中見舞い」を出してみようかな。英語やヒンディー語の勉強にもなりそうです。
posted by sanjo at 17:45| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ターバン帽の不思議

写真.JPG

寒い季節にはニット帽が欠かせません。
あるとないとでけっこう寒さの感じ方が違うんですよね。

手前の赤いヤツは、かぶるとターバンを巻いているように見えるデザインなのですが、かぶっているうちに上の方が少し膨らむというか、テニスボール1個分くらい浮いてきます。

で、引っ張り戻すんだけど、またいつのまにか膨らんで……

実は本物のターバンって、下にお団子ヘアがあるんです。
てっぺんより前寄りに作ったお団子に引っ掛けるように巻くと、宇宙戦艦ヤマトの船首のような形になる(と私は思っている)のですが、「ターバン風」のデザイン=自然にお団子が収まる形……ってことなのかな???

お団子に引っ掛けるから、あのターバンの形ができるのか
ターバンを巻いてできた空間に、髪を収めるようになったのか……

とりあえず、私はお団子が作れるほど髪が長くないので、お団子収納スペース(?)を持て余してますが、この帽子自体はお気に入りです。
posted by sanjo at 10:27| 東京 ☀| Comment(0) | From iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。